テクニックに走りすぎ?まずよくある間違いを見つめます。

ネットサーフィンの途中で検索する時によく感じたのが、
「あ・・・私これ間違って覚えてる?」
というキーワードについて。

たとえば「シュミレーション」と認識していたのに
実は「シミュレーション」だとは・・・!
ここ最近そういうのが・・・。いや、正確に言うと、これについては
いまだにどちらが本当なのか分かりません。

例え間違っていても「○○では?」と正しいと思われる方を
促してリスティング広告が表示されるケースも多いようです。

不思議ですねぇ。

このように、リスティング広告のことで調べているうちに
だんだん複雑に考えすぎてよく分からなくなってくるけれど
ようやく、今になって見えくることもあります。まだ調べ学習中・・・。

アフィリエイトでの収益を上げるためのテクニックとして
リスティング広告を使用可能にしているところもある様子で、
禁止事項があるので注意が必要みたい。

リスティング広告を出す際のテクニックそのものよりも、
キーワード設定の時点でのよくある間違いはあるみたいです。

少し前までグーグルのキーワードツールが
ありましたが(今、どう検索しても出てこないですが・・・?)
その後どうなったのかよく分かりませんが
リスティング広告のキーワード設定のテクニックって・・・、
あまり良い方法が思い浮かびません。

人間の行動心理についてプログラムが理解することは
可能なのでしょうか?もっと先のような気がしますが・・・。

リスティング広告では入札価格を抑え過ぎていることも
間違いのひとつに数えられていますが、
「本当はこれを売りたい」と思っている品物から
とても遠回しのようなキーワードも見受けられますが首をかしげてしまう。

なぜこんなことになってしまうのだろう?
あまり売り目的の商品とは関連性が薄いような・・・?
・・・というようなリスティング広告もありそう。

あまり多すぎると、売り時を逃しかねませんのでリスティング広告を
上手に運用するテクニックは知識として必要なのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ