予算を決定する方法と数式は?

リスティング広告の運用に必要な基礎知識を
紹介しているサイトが分かりやすい。

リスティング広告の予算の設定方法やその数式が書かれていたのを
ちょうど見つけたのでご紹介します。

(1)コンバージョン一つにかけられる広告費 × (2)目標コンバージョン数/月

まずは、リスティング広告の予算設定の前に、コンバーションにかけられる
広告費を決めておいた方が良さそうですね。

あまり低く設定すると広告が表示されにくくなるため、結局「成約率」と言いましょうか
コンバーションがまるで発生しない結果になることもあるようですので
気を付けたいですね。

出稿計画しだい・・・という方法もあるかもしれません。

リスティング広告を数日ほど集中して出稿、ある程度結果が見えてきたら
出稿を停止するなどです。

一定の期間ではかけられる費用をかけてリスティング広告を運営し、
その後、多めの予算額で数日ためしてみる・・・など、
いろいろ方法がありそうですね。
リスティング広告の予算を決める前にチェックしておきたいことがひとつ!

最低でもどれくらいの予算でリスティング広告が始められるか?という点です。

Yahoo!は前払いで3,000円から、Googleは後払いができます、
10,000円からで先にお支払いすると1,000円からでも可能だそうだ。

ただし、この最低金額で運用するのはあまりおすすめではありません。
1日に使える予算がとっても少なくなってしまい、その結果として
リスティング広告があまり表示されなくなってしまう可能性がありますよねぇ。

これはどういうことかと言いますと、リスティング広告を運営している会社も
お金を多く使ってくれるところが優先・・・こんな表現は違いますか?

ともかく、リスティング広告を運用してくれている企業や
個人の中で、お金を受け取っている以上はそうなるのは、
資本主義の原則のような気がしなくもない。

そうなると、ビッグキーワードで出稿しているところは厳しいのかもしれませんよね。
そんな気がしてなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ