成果をあげるにはモチベーション

検索キーワードを何となく入力して、私達は調べものを
していると思いますが、リスティング広告における
キーワードには、私達ユーザーの能動的な「調べて購入!」と
いう能動的な感情などが含まれていると思われます。

ただ、漠然と「○○」という項目を入力しても
あまり利用する気はなさそうだな・・・と。

リスティング広告では「購入する気持ちが高い」ユーザーを
キーワードによって積極的に探し、それが成果につながりやすい。

例えば「○○ 人気」一般的にどのような〇〇が喜ばれるのか知りたい段階。

「○○ さらに絞り込む言葉」となると、それは販売している企業としても
ウェルカムなお客様なのです。だからこそリスティング広告で
ユーザーの利用、購入のモチベーションでそういうお客様を探せるように
思われますが、いかがでしょうか?
また、リスティング広告は、SEO対策とは少し違い、
たくさんのユーザーにサイトを見てもらう・・・というよりも
ピンポイントで成果につながるお客様を探すのが、リスティング広告の
特徴のように思われますが・・・。

リスティング広告の申し込みをする前に、
まずは「自分が何屋さんか」ということを考えましょう。

例えば、花屋さんの場合・・・。

「アレンジ 花」とするよりも「アレンジ バラ」の方が
より具体的では?

いくつもリスティング広告のキーワードを
出してみると良いでしょう。
リスティング広告運用を業者委託するにしても、
餅は餅屋なのですから、営業中に感じたことは、
たくさんあるはずなので、その話し合いなどがあれば
よりリスティング広告の成果が上がりそうではございませんか?
また、リスティング広告の成果をあげるためのポイントとして、
予め決めた予算の範囲内でいったいどこまで宣伝活動ができるのか・・・、
そのアカウントの設計が重要になりそうです。

コンバーションしやすいキーワードをできる範囲で
表示されるようにすることから始めてみましょう。
お金が残ったら、その他にも順に予算を充てるなどの方法があるみたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ