初心者が陥りやすい困りごと

物事には必ず、初心者の時がありリスティング広告も例外なく
初めて取り組む人はいると思います。

リスティング広告の利用はこのようなお悩みを抱えている方におすすめ。

まずは、ホームページのアクセス数がサイトを作ったのにまったく伸びない。

サイトの運用方法や、広告の予算がない・・・などです。

これらの悩みを経て、業者に依頼するなどの経験も踏まえてリスティング広告に
行き当たる場合も多いことでしょう。

初心者でもわかりやすいリスティング広告のメリットのひとつは、
「その情報や商品が欲しい人」に照準を当てて広告ができること。

リスティング広告のキーワード選びはとても重要だけど、
そう難しく考える必要はあるのかしら?

例えば「明太子 レシピ」で検索してくる人は
家にある明太子で何かをつくるために、
作り方を求めているような気がしますが、
「明太子 人気」なら明らかに人気のあるブランドを探していますよね。

リスティング広告のキーワードを入札する時に自分が消費者の立場に立って
考えることが実はとても大切だと思うので、

これがリスティング広告の成功のテクニックだ!

・・・と力いっぱい唱えられるようなものでもなさそうです。

要は品物を売るならば、購入したくなる心の動きを知ること。

あとは、リスティング広告の初心者の方で「戸惑う部分」として
管理画面の読み方でしょうか?
私、今でもリスティング広告の管理画面についてはよく分からない時があります。
いくら「簡単に操作できます」と書かれていたとしても
得意や不得意もあるかもしれません。

無料で使うツールならともかくとして、
リスティング広告はクリック課金。
つまりお支払いするお金が発生するので
分からないことは問い合わせをした方が
理解できるし良い使い方のように思われます。

「よくある質問」の活用を・・・と言いたいところですが、
ネットにまったく慣れていない人がリスティング広告を始めて
用語すらよく分からない・・・。

この場合何が起こるでしょう?

「混乱」です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ