ターゲットを特定!しかしモニターの向こう側を想像しましょう。

検索のターゲット設定の場合、いったい何を意識しますか?

リスティング広告の要になる考えは、「検索をする人は私たちと同じ人間」であり、
「検索をする際の心理」を知る必要があるような気がします。

ちょっとした心理戦に近いでしょうか?
表現に不都合があるなら、心理を追求し、ユーザーにとってもリスティング広告
配信企業にとっても、サービスを行ってる会社も「利益」を得る方法を考える・・・と
そういうことなのだろうと思います。

そこでターゲットを特定するために必要なのが「キーワード」。

なぜ、そのキーワードが検索されるのか?想像力を働かせましょう。

リスティング広告の目的キーワードを漠然と考えるよりも、
顧客心理を理解してから行う方が有効な様子。

あるリスティング広告についての専門知識を持ってる人の記述を見て思ったことが・・・。

サーチエンジンの世界は、ここ数か月の動きを見ても劇的な変化をしてるように思います。

たしかにアルゴリズムの再構築や変化もあるかもしれませんし、
それまで通りというわけにはいかないかもしれませんが、
その流れに振り回されない方法のひとつは「顧客心理を知る」ことにありそうです。

リスティング広告をこれから始めようとしている人はチャンスかも。
素直にどのような人をターゲットにしてるのかを特定し
どういう検索をすると自然にリスティング広告として表示されるのかを考えてみましょう。

検索エンジンは日々進化を遂げていると思います。
それは、ロボットが人に近付いているような感じですので
従来の広告の方法とリスティング広告の「VS 顧客」についての考え方は
変わらなくなってきているのではないだろうか?という期待感も。

従来の宣伝法と、リスティング広告・・・これをまったく別物だと思うと
「何か特別なことをしなくてはならないのでは?」と
リスティング広告の設定をする際に身構えてしまいがちだと思いますが、
要は、モニターの向こう側には企業と同じ「人間のお客様」がいるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ