この仕組みはどのようなもの?

リスティング広告の仕組みについては、どうもアナログ人間の私には
書籍などを読んだ方が頭に入って行きやすいのかもしれません。

私でも分かるように・・・ということは誰にでも分かることだと思っています。

リスティング広告の仕組みについて簡単に説明を加えてみますと、
「キーワード」は自分で決めなければいけない・・・ということでしょうか。

ターゲットとするお客様についてもリスティング広告のキーワード設定を行う際に
想像力を働かせる必要がありそう。

例えば、リスティング広告で検索結果の上位に表示させた後のことを
考える必要性です。

いったい誰にクリックさせたいですか?それは個人?法人ですか?

子育て世代か、またはシルバー世代か・・・。

男性か女性かによってもリスティング広告のターゲットが変化するのでは?

キーワードに「完全一致」なのか「部分一致」
または「フレーズ一致」なのかどうかも選ばなくてはいけません。

また、このリスティング広告にはクリック単価というものがありますが、
それはオークションのようなやり方で決まるらしい。

ネットオークションを経験したことがある人なら
仕組みは理解できるのではないでしょうか。

入札金額が一番高い人が上位に表示されやすくなるわけですよねぇ。
品質スコアにもよるみたいですが・・・。そこはけっこう複雑みたいです。

リスティング広告の仕組みについては、学習会や教材なども売られているみたい。

それらを通して学習することで、業者に依頼する事もなくなるのかしら。

SEO対策と似ているけれど、どことなく違うような?
どちらにも「キーワード」というものが関係している様子。

もしかして、「キーワード」についての知識があれば
リスティング広告についても分かるところまでは
進められるような気がしませんか?

リスティング広告の良さは、情報を求めているユーザーに対して関連性の高い広告を表示することができる点です。

うまく味方につけてしまいましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ