文章作成が苦手な人に、考え方のアドバイス。

どうしても初めて考えることなのでリスティング広告の文章を作ることについて、

「え~?私にできるのかしら?」と及び腰になってしまいます。

しっかり調べてからリスティング広告の作業に取り掛かりましょう。

大手の会社の場合、ブランド名を含めての文章を作成しても
リスティング広告に有効かもしれませんが、そうでない場合はどうすれば?

ご心配なく、ターゲットを絞り込むことで工夫できそうです。

例えば、自分に当てはめてリスティング広告の文章を作成するといたしますと・・・、

「子育て中のママさん、〇〇〇がありますよ~!!」

など。

上記の場合は、単なる思い付きでまったく計算はしていませんが、
リスティング広告のターゲットを絞るということは
こういうことでは?

・・・単純すぎですか?

文字数なども決まっているみたいなので、
その文字に当てはめて考えるのは大変なのかもしれません。

しかしながら、自社製品やサービスの「強み」や「他に負けないところ」などを
踏まえてリスティング広告の決められた文字数に当てはめて考えてみるのは
逆にパズルゲームのように楽しめるような気がするのですが・・・。

テトリスやぷよぷよとか・・・、例えが古いでしょうか、申し訳ない。

文章作成などを苦痛に感じるタイプの方なら
発想を変えてゲーム感覚で臨んでみるのは楽しいと思います。

リスティング広告を出稿する前にチェックするのが「自分以外の人」ならば尚更、
自由に取り掛かれるのでは?

たくさん、アイデアを出して多くの宣伝用の文章を作成し提出してみましょう。

リスティング広告に限らず、キャッチコピーなどの謳い文句は
たくさんあれば選びようがありますが、少なくてとても使えないような
ものならどうしようもありませんからね。

もちろん中には「ある程度形にしてから持ってきて!」なんておっしゃる上司もいるかもしれません。ぜひボツにしたものも見てもらいましょう。
ゴミ箱の中のものほど良い・・・という話もあるようですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ