あまり制限文字数は変わらない?どう違うのか調べ中です。

実はタブレットとモバイルの違いがよく分かりません。

分かりませんが、リスティング広告のGoogleアドワーズ広告の文字数は

「パソコン・タブレット」「モバイル」

と、分かれています。

実を言うと、タブレットとモバイルは大きさの違いだけで
ほとんど変わらないように思っていただけに、
リスティング広告の文字数調べから「あけてびっくり!」な状態です。

さて、Googleのリスティング広告は
先ほど書かせていただいた通り、「パソコン・タブレット」「モバイル」と文字数の規定が違っています。

何やら「裏ワザ」的なものもあるようですが、
今回はちょっと触れるのはやめておきましょう。

パソコン・タブレット用の文字数
・タイトルは 12
・説明文は 上段17(下段17)

モバイル用の文字数
・タイトルは 12
・説明文は 12

Googleの場合は半角を0.5とカウントするのに対して、
Yahoo!のリスティング広告については半角も1と判断される。

Yahoo!のリスティング広告の制限数は、

・タイトルは 15
・説明文は 38となる。
※モバイルはGoogleのリスティング広告と同じ。

いったいどちらがいいのでしょうか?少しでも文字数が多い方がいいのかな?という感想もありますが、素人的な考えかもしれません。

それほど変わらないような気が・・・。

見る人が見れば違うのでしょうねぇ。

それにしても両方で比べてみましたが、パッとみた感じではYahoo!の方が若干見やすいようなサイト構成です。Googleの方が実は詳しいのかもしれませんが、初めて利用し、個人利用するなら分かりやすい方を検討するかも。

その後、費用面や使い勝手で変更してもいいのではないでしょうか??

リスティング広告の仕組みそのものを理解して行くことが
大切なことのように思うので、きっと焦りは禁物なのですよね。

さらに大切なことは、売上がまったく上がらない状況を回避しないといけませんよね。

・・・ということは?

リスティング広告の費用にもよりますが、場合によってはプロにお任せすることもアリだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ