専門書は理解できれば支出は安い?・・・しかし不安もあります。

amazonの宣伝についての書籍ベストセラーを見ていますと、リスティング広告の
成功の法則的なものが書かれてる本を発見。

現在みると3位くらい。
星の数ほど宣伝法があるのに、リスティング広告が上位に来ていますねぇ。

WEBでの集客の方法を考えるのは、変化についていけるかどうかが心配。

リスティング広告はその最たるもののように思っていて、
本があるのが意外でした。

何事も先入観はいけない・・・ということでしょうか。
失礼しました。

ここで考えて、調べてはみたものの
GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告をどれほど
必要だと感じているのか自分でもよく分からない。

そうです!たとえリスティング広告という未知の宣伝が効率的だときいても
実際に使ってみてこそ、その良さが分かるのですから・・・。

すみません。想像力がないだけかもしれませんが、
WEB担当者が各会社にいるという前提で・・・。

仮にこれから作ろうと思っている部門だとしますね。

専門知識を有している社員がいてもひとりで他の人を指導するのは大変です。

前もって予備知識が必要な時にリスティング広告のハウツー本があると
便利かもしれません。

リスティング広告を始める際に有効なものとしてGoogle Analyticsを利用してみるのはどうでしょうか?

事前に使い方が分かれば、そのリスティング広告で宣伝したいサイトの
改善点が見えてくるかもしれません。しかも無料で。

入門編のようなものよりも、より具体的にビジネスにどう活かすのかを書かれている本もあるみたいですので、リスティング広告導入よりも、私の場合はそちらが先なのかなぁ?と思っていたところでした。

闇雲に突っ走ると成功したためしがないからかもしれませんが、
できるだけ下準備にぬかりなく取り組みたいと思います。

本気で稼ぐためには、それぞれ2000円もしない書籍の出費。
リスティング広告の代行業を行っている会社もありますが、
報酬で考えてどれくらいの差が出るのでしょうか?比べてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ