失敗はつきもの!だけど成功の秘訣にもなれるのでは?

失敗は生きていたら「つきもの」かもしれませんが、
会社が宣伝費をかけて出したものが失敗すると
とんでもない痛手の場合が多いようです。

リスティング広告は低予算でWEBサイトの宣伝ができるとして
人気があるようですが、そこにも失敗例というものが存在します。

そもそも「リスティング広告の費用」ってどれくらい?

5000円、1万円・・・。

いえ、たしかにその予算でもリスティング広告が出せる場合が
あるかもしれませんが仮に代理店経由で運営しても
その手数料が15%~20%だとしても、代理店の報酬は少ないでしょう?

充分なサポートが受けられるかどうかは疑問。

アッと言う間にリスティング広告の予算がなくなってしまい、失敗した・・・。
という例も伺っているので、考えていた予算が少なすぎるかもしれませんね。

リスティング広告で集客し、成約をするのが目的の場合が多いのでは?
10人来たら30%成約だと3・・・利益はどれくらいになる?

そこに100来て30お買い上げだとしたら・・・?

話は変わってきますよね?

また、懸賞やプレゼントが大盤振る舞い過ぎリスティング広告もよく目につく。
周囲の人で懸賞マニアの人は多いです。格好の餌食になってはいないでしょうか。

チラシなどで配られる「お店に来ると〇〇もらえます」という広告は
目を引くけれど、それは「実店舗」がどこにあるのか分かる場合で
WEBサイトのリスティング広告の場合は、「アヤシイ」と思われるか、
懸賞目当ての人か・・・どちらかのイメージがあるので・・・。すみません。

入札単価が低すぎる、キーワードが適切ではないなど、
リスティング広告の失敗例はよく見受けられますが、どうしたら
いいのでしょうね?予算に関しては、他の媒体と比べると価格が手ごろだと
認識するしかないのでしょうか?

何か良い方法があるのではないかと模索しつつも、
たくさんの宣伝費があって、これらと逆のことを行えば
リスティング広告は成功するのだろうか?と、
ほくそ笑んでしまうのを隠しきれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ